リスクマネジメント業務

最適な保障を適正な負担で備えるために 生命保険 損害保険 三共済

「生命保険」と聞いた際に皆さんはとのような保険をイメージされますか?おそらく、最初に思い浮かぶのは”死亡保障”だと思います。しかし、死亡保障以外にも例えば、がんや怪我に備えるもの・老後の生活資金や子どもの学費用の積立型保険など保険には多くの種類があります。
保険は、会社そしてその経営者、従業員、家族などをリスクから守るために、なくてはならないものです。経営者等が不慮の事故や災害に合ってしまった場合、企業は崩壊し、従業員や家族は一瞬にして路頭に迷うことにもなりかねません。
そのリスクを少しでも回避するためにも、保険に加入しておくことをお勧めします。

なぜ会社で生命保険に加入する必要があるのか

例えば、経営者がお亡くなりになったとき、重度の身体障害状態になったとき、重大疾病にかかった時など、経営者が経営に携われない状態になってしまった場合、下記の資金が必要となってまいります。

  • 当面の人件費・運転資金
  • 借入金返済資金
  • 退職金
  • 弔慰金
  • 事業承継に関わる資金


  • また、経営者の相続財産に自社株が含まれるケースもあり、その評価額が思っていたよりも高額になってしまう、ということも珍しくありません。
    事業承継をスムーズにおこなうために自社株買い取り資金が必要になる場合もございます。

    経営者としては嫌なことかもしれませんが、常に最悪の事態を想定し、危機管理として事前に何らかの対策をたてておくことが非常に重要です。
    そして、その有効な手段の一つとして生命保険が考えられるのです。
    必要な保障を最小限のコストで得ることが可能なのが生命保険の大きな魅力です。

    なぜ、会計事務所が生命保険のアドバイスをするのか

    会計事務所は、税務会計業務を通じて企業の経営内容や財務状態などを把握、理解しているため、保険加入の目的や必要性を客観的に判断できる立場にあります。
    そして、「その立場であるからこそできるアドバイスが、企業を危機から守ることに繋がる」という考えから、グループ会社である株式会社横浜みなとみらいコンサルタンツにてお客様のニーズにあった保険商品のご提案をさせていただいております。
    さらに、生命保険だけでなく、法律によって定めている制度の小規模企業共済・倒産防止共済・中小企業退職金共済を事業継続を守るものと考え、積極的に推奨しています。

    どの対策がどの保険に関わるかの詳細図

    ㈱横浜みなとみらいコンサルタンツの業務

    横浜みなとみらいグループの一社である㈱横浜みなとみらいコンサルタンツでは、お客様を守るために必要な保障頷の算出を行い、その必要保障額に基づいた保険商品を提案させて頂いております。

    サービス内容

    • 関与先企業に必要な保障額の算定、保障プランの作成・提案
    • 既加入保険の見直し
    • 保険を活用した事業承継・相続対策の提案等