青色申告は出すべき?

税金上のメリットが大きいので青色申告は出すべきです。

青色申告は、白色申告と比べて複式簿記で記帳を行うなどの手間がかかりますが、欠損金を10年繰越控除できたり、減価償却の特別償却や、人材投資を行った場合に法人税の控除を受けられるなど、税金上のメリットがとても大きいです。

青色申告は、会社を設立してから3ヶ月以内または最初の事業年度の末日までに提出する必要がありますので注意してください。
出し忘れると、
①欠損金の繰越控
②欠損金の繰り戻し還付
③減価償却等の特例
④税額控除の特例
などの特典が受けれず、大損になるので、きちんと出しましょう。