申告に誤りがあるとどうなる?

誤りに気づいたら、自主的に税務署に修正申告をしましょう。

誤って税額を少なく申告していた場合には、5年までさかのぼり申告ができます。
偽りその他の不正がある場合は、7年まで修正申告提出を求められることがあります。

逆に誤って税額を多く申告していた場合には、税務署に更正の請求をします。更正の請求ができるのは、申告書の提出期限から1年以内です。

税務署の調査を受けた結果、税額に誤りがあることが判明するとペナルティー(延滞税や重加算税)が課せられてしまいます。
修正すべき点を見つけたらすぐに自主申告しましょう。