設立費用はいくらかかる?

株式会社設立の場合は、21万円〜25万円ほどです。また、合同会社の場合は、6万円〜10万円ほどです。

<株式会社設立費用の内訳>

公証役場 定款印紙代 40,000円 (電子定款の場合は不要)
公証人に払う手数料(定款の認証) 50,000円
定款の謄本手数料(登記) 2,000円程度(1ページ250円)
登録免許税(登記) 15万円または資本金の額の0.7%のうち高い方
合計:21万円から25万円ほど

登記の際、定款を電子認証にすることで印紙代4万円が必要なくなります。
しかし、自分で電子定款にする場合は、カードリーダーなどの機器が必要なので、新たに購入すると4万円を超えてしまいます。

税理士や司法書士事務所であれば必要機器が揃っているため、印紙代4万円浮いた分を利用して設立手続きを税理士に依頼する方も多いです。専門家が進めてくれるので、手間も省けてミスも軽減されます。

<合同会社設立費用の内訳>

定款に貼る収入印紙代 40,000円(電子定款の場合は不要)
定款の謄本手数料(登記) 不要
登録免許税(登記) 60,000円または資本金の額の0.7%のうち高い方
合計:6万円から10万円ほど