名刺には何を書けばいいの?

どんな人なのかというイメージを相手に伝えるため、受け取る相手にとって必要な情報を載せましょう。

名刺は「自己紹介」と「情報の伝達」の機能を持たせるものです。
情報と共にどんな会社・団体なのか、どんな人なのかというイメージを相手に伝えるため、受け取る相手にとって必要な情報を載せましょう。

よく書かれている内容は下記のようなものがあります。
・氏名
・法人名/会社名
・ロゴ
・部署名(担当業務)
・役職
・肩書き
・住所
・電話番号
・ウェブサイトのURLとメールアドレス

もしフリーランスで自宅が本社の場合、自宅住所を記載することは個人情報の点から危険性があるので記載を控えるなど注意してください。代わりに、自分を覚えてもらうためにSNSサイトを載せることも1つの方法です。